【食卓】仙台・みずさわ屋の中華そばとバター肉ごはん

出張の楽しみといえば、僕の場合はランニングと食事。

先日行われた仙台でのG1サミットの合間を縫って(ぬけだして?!(笑))、
地元でも人気というみずさわ屋の中華そばを食べに行ってきました。

店のスタッフが明るくて元気が良く、さらに調理場もきれい。僕の経験では、
こういったところは外れがないと決まっているのですが、その予想をさらに上回る
ような美味しさ。

まずスープが絶品。いわゆる魚介系醤油味、なのですが、今まで食べたことの
無いようなインパクトと中毒性を持っています。最後の仕上げに入れている油が
スープの温度をさげないようにしているうえに、コクを出していて、飲み干し
たいくらいの美味。

さらにつけ合わせで頼んだバター肉ごはんとこのスープの相性が抜群。スープ
を口に含んだ状態でご飯をかっ込むと、口の中で醤油とバターの香りが混じり
合って、もう悶絶する美味しさに。

あまりの美味しさに、昼だけでなく、夜もランニングの後寄ったくらい。
仙台駅からは多少距離ありますが、タクシー使ってでも行く価値があると断言
します。

一つだけ注意があるとすると、麺の量が多め。最初大盛りを頼んでしまって後悔
しました。普通でも並みのラーメン屋の大盛りくらいありますので、まずは
それで様子を見ることをおすすめします。

G1サミット最終日、仙台空港へ行く道すがらの長町とういところで、昼食に立ち
寄ったとんかつ屋さん とんかつ和泉も美味でした。
大河原産のもち豚だけを利用したトンカツを出されているのですが、脂身がしつ
こくなくて、全てにバランスがとれた優しい味。

ロースカツはソースではなく、岩塩で、というお店のおすすめにしたがって食べて
みましたが、これが大正解。豚の脂の甘さが際立って、もたれることなく、結構な
ボリュームのカツが一気に口の中へ。

こちらの店も、とんかつ屋にありがちな感じとはちがい、とても綺麗にしていて、
食事をして心地良い。

以上、仙台へお仕事する楽しみが増えた二軒でした。

このエントリーをはてなブックマークに追加

メールマガジンの紹介

樋渡社中に集う皆さんの交流のためのツールとして、
「樋渡啓祐の地方創生ここだけの話」という
メルマガを創刊しました。
大好きな地方活性化の今までの取組やこれからの話など、
ここだけでしか書けない話をどんどん発信していきます。
様々な同士の方にも参加いただき、地方創生に興味ある方に
役立つ情報を届けていきます。
メルマガ会員限定の少人数講演会なども
積極的にやりたいと考えています。
是非皆さんも樋渡社中にご参加ください。