【書評】怒らない経営 しがらみを超え、地元を盛り上げる!

怒らない経営

名著。高槻時代からの親友である瀧田圭樹さんがお薦めしてくれた本。こんな本です。

地元を変える教科書

パチンコでプラス1000万円 株式投資でプラス15億円 すべて自己責任。異色のキャリアを持つ若き経営者、エイトワンの大籔崇社長による初の著書。

1 数々の難局を乗り越える「突破録」
2 「地方創生」のはるか先を行く挑戦=「地元を変える教科書」
3 自分らしく生きる「新しいワークスタイル」

盛り上がっているところにはやっぱり人がいます。道後温泉、今治タオル、そして、愛媛のみかん。東京ではなく、ネットではなく、地方から、さまざま企画をしながら、具体化していく。そういう意味では、冒頭の株式投資でプラス15億円のくだりはほとんど必要無かったかも。後の大藪さんの柔らかい、地元を巻き込むストーリーの方がよっぱど光っていたのに、最初のエピソードで怪しげになってしまったような気が。

さはさりながら、圧巻は、20代で旅館を手がけ、失敗し、修正しながら、成功していく。今治タオルだってそう。みかんだってそう。そういう意味では、出来上がったものに対しての評価ではなく、大藪さんが乗り切ってきたそのストーリーやプロセスに焦点があるのは、これから、地域再生や地方創生を考える上では、役に立つと思います。

さりげなく入っている地元の皆さんや愛媛、道後温泉の写真もとても良かった。爽やかで鮮やかな本でした。Z

このエントリーをはてなブックマークに追加

メールマガジンの紹介

樋渡社中に集う皆さんの交流のためのツールとして、
「樋渡啓祐の地方創生ここだけの話」という
メルマガを創刊しました。
大好きな地方活性化の今までの取組やこれからの話など、
ここだけでしか書けない話をどんどん発信していきます。
様々な同士の方にも参加いただき、地方創生に興味ある方に
役立つ情報を届けていきます。
メルマガ会員限定の少人数講演会なども
積極的にやりたいと考えています。
是非皆さんも樋渡社中にご参加ください。