【書棚(ビデオ)】~24 -TWENTY FOUR-~

今回は、ピンとくる本が無かったので、テレビドラマを紹介しますね。

『24 -TWENTY FOUR-』は、FOXで放送されたアクション。アメリカの連邦
機関であるCTUロサンゼルス支局の潜入捜査官ジャック・バウアーと、その
同僚や家族たちとテロリストとの戦いを描く。2001年にアメリカで放送が開始
され、その後世界各国で放送され世界的人気作品へ。

僕はドラマ見ないし、また、海外ドラマなんて全く興味も何も無かったなん
だけど、去年の秋に、ネットフリックスを自宅に入れたことをきっかけに、
この24,とても評価が高いので、見たら、もう止まらず。1シーズン24話
(だいたい1話40分強)で9シーズンあるので、単純計算でも200話以上
ある。今、8シーズンに突入したけど、国内の移動中、海外でも、24漬け(笑)。
海外や移動中はネットフリックスは視聴できないので、TSUTAYAやAmazon
プライムビデオをダウンロードしたものを見ている。僕の周りの人に、「いやあ、
24、最高ですね。」って言うと、決まって「15年くらい古いよ。」って
言い返される。

しかし、面白いのは面白いので、気にせず見るわけだが、何がこんなに面白い
かというと、予想がいとも簡単に吹き飛ばされるところ。最大の味方が実は
最悪の敵だったり、こんなの当たり前。ホワイトハウスが占拠されたり、大統領
専用機「エア・フォース・ワン」が撃ち落とされたり、主人公ジャックバウアーが、
上司を黙らせるために、麻酔銃を脚に撃ったり、まあ、やりたい放題。現実感が
希薄な分だけ、僕はファンタジーで見ているんだけど、最大の魅力は、ジャック・
バウアー。数々の失敗をやらかし、上司に疎まれ、しかし、部下には慕われる
人間くさい、二枚目半のところ。やり方はともかくとして、首尾一貫、国家に
忠誠を誓うところは大好きだなあ。

また、大体9シーズンもあると、面白い、面白くない、って出てくるんだけど、
その凹凸感があまり無い。1作目は驚異的な面白さで話題をさらったせいか、
2作目がやや凹むが、3作目から圧倒的なスリルとサスペンス。5シーズン
くらいから、画像もかなりきれいになって迫力満点。

何か、嫌なことがあって悶々とされている方には特にお薦め。ただ、寝る前に
これを見ると、興奮しすぎて、なかなか寝付けないので、気をつけてください。

71kC9Wj3oSL._SL1329_

このエントリーをはてなブックマークに追加

メールマガジンの紹介

樋渡社中に集う皆さんの交流のためのツールとして、
「樋渡啓祐の地方創生ここだけの話」という
メルマガを創刊しました。
大好きな地方活性化の今までの取組やこれからの話など、
ここだけでしか書けない話をどんどん発信していきます。
様々な同士の方にも参加いただき、地方創生に興味ある方に
役立つ情報を届けていきます。
メルマガ会員限定の少人数講演会なども
積極的にやりたいと考えています。
是非皆さんも樋渡社中にご参加ください。