【食卓】高はし(築地)

高はし

築地の場内にあります。かの松浦弥太郎も、「くいしんぼう」でわざわざ触れて
いるが、最近、魚を食べたくなったら、このお店に急行。朝8時開店で、13時
には締まる。東京に泊まる際には、朝8時めがけて行き朝食をこちらで取る
ことも。最近の築地は中国人に占拠されていると言って過言じゃ無いほど、
お鮨屋さんも長蛇の列だけど、このお店はさほどでもない。

誰もかも、赤めばるの煮付けを推すが、僕は、きんきの煮付け。確かに4000円
近くするなど、高いのは高いが、他のところで食べても6000円はします。特筆
すべきなのは、煮汁。アッサリとしながらもとても深い。最後は、ご飯にぶっ
かけて食べるんだけど、これがまあ、至福の時。

この高はしも築地の移転に伴って、場所を移すことになるけど、やっぱり、
この築地の中は長い歴史の中で形成されたもの。移転前にぜひどうぞ。

knife_folk

このエントリーをはてなブックマークに追加

メールマガジンの紹介

樋渡社中に集う皆さんの交流のためのツールとして、
「樋渡啓祐の地方創生ここだけの話」という
メルマガを創刊しました。
大好きな地方活性化の今までの取組やこれからの話など、
ここだけでしか書けない話をどんどん発信していきます。
様々な同士の方にも参加いただき、地方創生に興味ある方に
役立つ情報を届けていきます。
メルマガ会員限定の少人数講演会なども
積極的にやりたいと考えています。
是非皆さんも樋渡社中にご参加ください。