農家は宅配が救う

農業について、いろいろ言われています。圧倒的に悲観的な話が多い。明日まで、岡山県美作市の奥さんの実家にいますが、ご近所さんに、かの有名な宇野農園の宇野さんのお住まいと畑があります。

宇野さんと言えば、有機農業40年の大家で、宇野野菜は、僕も大ファンの一人。とにかく、瑞々しく甘いのです。宇野農園のサイトはこちらです。一度、僕が市長をしていたときに、武雄市でも講演をして頂きました。

さて、その宇野さんと1年半振りにお会いしましたが、とても70歳をこしているとは思えないほどのお元気さ。その宇野さんと、ランニング前にいろいろ話を聞かせてもらいましたが、ちょっとびっくりしたのは、

野菜価格が高騰しているが、これからさらに高騰する。理由は異常気象というのもあるけど、それよりも労働者不足が響いている。同年代の農業従事者が体の不調で農業を断念していく中で後継者がいない。農業は土作りから始めなくてはいけない繊細な面があるので、いきなり大きい株式会社が入ってきても失敗する。現に大手の農業生産法人は次々に農業を諦めている。その中で野菜の需要が増えている。海外産の農産品は農薬等で不安ということもあり、ますます、国内の野菜の需要は増えるだろう。値が張るからといって、野菜を諦めて果物を買おうとする人はいない。逆はあると思うけど。

という話から、前回、TNCの生番組で、僕が「野菜の復活は宅配にある!」と言って全く反響は無くてがっくりしていたんだけど、宇野さんに、宅配はどうかって聞いたら、ご自身のところも、ネットを通じて宅配は結構やられているとのことでした。

宅配は配送費を除けば、スーパー等から中間搾取は無いし、年会員にすれば安定的収入を得られるんだよね。

ちょっと、今は、いろいろ身辺が騒がしくなってきているので、これが落ち着いたら、微力ながら、日本の農家の所得向上のお手伝いをしていきたいと思っています。宇野さん、貴重なご意見ありがとう。引き続き、健康に留意され、美味しい野菜を作ってくださいね。IMG_1818

このエントリーをはてなブックマークに追加

メールマガジンの紹介

樋渡社中に集う皆さんの交流のためのツールとして、
「樋渡啓祐の地方創生ここだけの話」という
メルマガを創刊しました。
大好きな地方活性化の今までの取組やこれからの話など、
ここだけでしか書けない話をどんどん発信していきます。
様々な同士の方にも参加いただき、地方創生に興味ある方に
役立つ情報を届けていきます。
メルマガ会員限定の少人数講演会なども
積極的にやりたいと考えています。
是非皆さんも樋渡社中にご参加ください。