『資生堂 presents チームラボ かみさまがすまう森のアート展』in 御船山楽園

(樋渡啓祐のFacebookより引用)

永遠のアートに必要なのは「明日なき暴走」。ルーブル美術館がベストだと思っていたが、今日はそれを遙かに上回る疾走、暴走を見せつけられた。

小原 嘉久御船山楽園。チームラボ、資生堂が参画。15万坪の大庭園が狭く感じるほどの圧倒感。多くの人たちの歓声とため息と。

構想3年、準備3か月。去年の1作品から14作品へ。小原さんと 猪子 寿之 さんを結びつけたのは不肖私。4年前のうどん屋「かまくら」。まさかこんなことになるとは。

テクノロジーとヒストリー、ネイチャーの融合、そして、爆発。気が狂うかと思った。

小原さんが市長時代の僕に会いに来てくれたのが8年ほど前。ちょうど世代が近い我々は同時期に武雄に戻ったわけだけど、あの当時の御船山楽園は草茫々。

この小原さん、大風呂敷を広げ熱く夢を語る姿に「正直大丈夫かな?」って思っていたけど、向こうもそう思っていたに違いない。小原さんとは不思議と気が合い、良き相談相手。

これを見ずしてアートは語ってはいけない。また参ります。小原さん、ありがとう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

メールマガジンの紹介

樋渡社中に集う皆さんの交流のためのツールとして、
「樋渡啓祐の地方創生ここだけの話」という
メルマガを創刊しました。
大好きな地方活性化の今までの取組やこれからの話など、
ここだけでしか書けない話をどんどん発信していきます。
様々な同士の方にも参加いただき、地方創生に興味ある方に
役立つ情報を届けていきます。
メルマガ会員限定の少人数講演会なども
積極的にやりたいと考えています。
是非皆さんも樋渡社中にご参加ください。