7月3日付メルマガ巻頭言

(本文と写真は、一切関係ありません。*写真は、TNC「ももち浜ストアー   夕方版」の収録の様子とアナウンサーの皆さんです。)

──────────────────────────────────
【1】巻頭言
──────────────────────────────────
政治の本質は「敵をつくって、その敵を壊滅する」ことだと言う人間がいます。それを実行したのが、小泉純一郎、橋下徹、そして小池百合子都知事だったりするわけですが、僕もその系譜の1人だと数えられると思うけど、敵を作るというのは、盛り上げるには打ってつけ。武雄市民病院の民間移譲の時は、医師会を敵にまわし、図書館の時は既存の図書館業界の人が勝手に敵にまわった。

そういう意味では、今、一番敵を作るのが上手く盛り上げているのは、トランプ大統領。自分を良く言わない人間や団体をことごとく敵視し、Twitterや会見で罵倒しまくる。特にメディアは悲惨な状態に。取り分けCNNなんかはフェイクニュース(偽ニュース)とこき下ろされる始末。日本で考えている以上に、このこき下ろしは効果があるみたいで、少なからず一般のアメリカ国民は「やっぱりメディアはあてにならない。エリートの肩ばかり持ちやがって。挙げ句の果てはウソばっかりだ。」と思っているようです。

今回の都議会議員選挙。週末、たまたま、中央区を走っていて、ポスター掲示板に目が釘付けになったのが、都民ファーストの会の女性の人。まあ、小池さんの写真がどかんとあるのは分かるのが、なんと、テープで上書きされていたフレーズが「西郷隆盛子孫の妻」(笑)。直系の人だったら分かるけど、その子孫の妻。言うことを事欠くということはこんなことかと思わざるを得ない。

それと、西郷隆盛に子孫いたっけ?とはいえ、小池都知事が選挙カーの上に乗るところを目撃したんだけど、選挙にとても関心がありそうとは思えない人たちが、老若男女集まっている、集まっている。しかも、集まっている人たちは、炎天下の中、少なくとも1時間以上はそこにいないと小池さんは目撃できない。

小泉純一郎のときにはかなわないけど、その次くらいの熱気はある。うーん、この人気だと圧勝かって思った次第。しかも、豊田議員やら防衛大臣やら下村さんやら立て続けにいろいろ問題が出てくる。

そうして、今日(3日)の都議選速報には驚いたというか、民意の凄さを改めて思い知った。都民ファーストの会の圧勝、自民党の歴史的な惨敗。知り合いの新聞記者やテレビ局の人たちが、「小池知事の人気は確かに凄いし、人も山のように集まるが、果たして、都民ファーストの会の都議候補につながるかどうか分からないんだよね。」とのことだった。

「自民党は底堅いから、都民ファーストの会と五分五分くらいにはいくんじゃないのかな。」とか。出口調査やっていて、こんな感じ。まあ、彼ら彼女らのプロとしての見解があてにならないことが分かった(苦笑)。まあ、僕もここまで勝つとは思わなかったけど。

明日からの都議会の風景が一変する。小池さんの都民ファーストの会は民主党が政権をとったときみたいにならないとは言いがたい。しかし、民主党との違いはトップの資質。メディアが報道する限り、しばらく小池旋風は続くだろう。国政にもかなりの影響を与えることになり、安倍総理の終わりが始まるかもしれない。

(適時編集しています。)

まぐまぐ!「樋渡啓祐の地方創生ここだけの話」メルマガ好評配信中!!

今すぐ下記アドレスをクリックして最新の「知見」をゲットして下さい。

http://www.mag2.com/m/0001649063.html

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

メールマガジンの紹介

樋渡社中に集う皆さんの交流のためのツールとして、
「樋渡啓祐の地方創生ここだけの話」という
メルマガを創刊しました。
大好きな地方活性化の今までの取組やこれからの話など、
ここだけでしか書けない話をどんどん発信していきます。
様々な同士の方にも参加いただき、地方創生に興味ある方に
役立つ情報を届けていきます。
メルマガ会員限定の少人数講演会なども
積極的にやりたいと考えています。
是非皆さんも樋渡社中にご参加ください。