4月3日付メルマガ巻頭言

  (今回のブログの写真は3月26日に小郡市で開催された市民フォーラムの様子です。)

───────────────────────────────────

【1】 巻頭言
───────────────────────────────────
やっぱり40歳を超えると代謝能力が低下し太りやすくなる。今、48歳なんだけど、食べ過ぎるとリアルにビビッドに体重に跳ね返ってくる。走っても走っても痩せないのは、その分体がエネルギーを欲しているわけで、その分を食べればそこは足し算と引き算の世界よろしく、やっぱり太る。

特に去年は80キロを超してしまった(適正体重は76.5キロ)ので、やばいと思って、いろんなダイエットを知人に聞いたり、本を読んだりして試してみました。

普通に生活していれば別にどうってこと無いんだけど、僕の場合、一日10キロ程度走るし、なおかつ、フルマラソンの大会も年に何回か走るのでそういう意味ではプチ死活問題。膝に猛烈に負担がかかってしまう。

どんなダイエットをやったかというと、炭水化物ダイエット、糖質ダイエット、グルテンフリーダイエット、16時間ダイエット、そして、噛む噛むダイエット。

まず炭水化物ダイエットは劇的に痩せます。下手すると1か月で7キロくらい。肉や魚は食べ放題なのでさして空腹感も無い割に劇的に痩せるので面白い。しかしこのダイエットの欠点は、頭がぼーっとすること。注意力が散漫になること。やっぱり糖質は大事です。そういう意味では糖質ダイエットも同じかな。

ちょっと異質なのはグルテンフリーダイエット。小麦を摂取しないダイエットで、日本人には向いている。なにせ米は食べても構わないのだから。これは巷間言われているとおり、頭がエラくスッキリする。体調がかなり良くなる。ただし、ダイエットにはならなかったのが僕の実感。

そして、16時間ダイエット。これはかなりユニークで、朝起きてから8時間は何を食べても(食べ過ぎは良くない)OKでその代わり16時間は胃腸を休めるために固形物は取ってはいけないというもの。この欠点は、どうしても会食で食べなくてはいけない、という時にツラいということと、結局、食べ過ぎはしなかったものの、体重はさほど変わらなかったんだよね。

そして、体重を記録していて一番効果が上がったのは、噛む噛むダイエット(勝手にネーミングしました。)。とにかく、一回30回は噛む、噛むモノが 無くなっても残り回数噛む、ひたすら噛む、というダイエット。

結論を言えば、この噛む噛むダイエットが最も無理なく効果的。噛むことによって満腹中枢を刺激するので、一回のご飯でお腹いっぱいになったと脳が勘違いする。その結果、胃がだんだん縮まってくるので、少ない量で満腹になる、という流れができるんだけど、顔のラインまでスッキリする優れもの。

まあ、僕の場合、何でも検証しないと済まない人なので、検証してしまいます(笑)。ただし「反省しない」という本を書くだけあって反省しませんが。
https://goo.gl/pGhozJ

今回から新企画を立ち上げていますので、ぜひ、ご覧ください。

(適宜編集しています。)

まぐまぐ!「樋渡啓祐の地方創生ここだけの話」メルマガ好評配信中!!

今すぐ下記アドレスをクリックして最新の「知見」をゲットして下さい。

http://www.mag2.com/m/0001649063.html

このエントリーをはてなブックマークに追加

メールマガジンの紹介

樋渡社中に集う皆さんの交流のためのツールとして、
「樋渡啓祐の地方創生ここだけの話」という
メルマガを創刊しました。
大好きな地方活性化の今までの取組やこれからの話など、
ここだけでしか書けない話をどんどん発信していきます。
様々な同士の方にも参加いただき、地方創生に興味ある方に
役立つ情報を届けていきます。
メルマガ会員限定の少人数講演会なども
積極的にやりたいと考えています。
是非皆さんも樋渡社中にご参加ください。