1月2日付メルマガ巻頭言

───────────────────────────────────

【1】 巻頭言

───────────────────────────────────

明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いします。

やっぱりこうやって節目があるってのは良いですね。年末年始といえば、高浜虚子の「去年今年貫く棒の如きもの」という句がとても有名で、要は、去年から今年に変わったにしても、何ら変わらない、という大胆というかふてぶてしい句で、好きは好きなんだけど、やっぱり、節目があるほうが良い。

そういえば、今から30年前、東大にも早稲田に落っこちて、仕方無く駿台お茶の水校で浪人していたとき、その入学式が確か武道館であったんだけど、その時のゲストが田原総一朗。その失意と頑張らないとなって思っていた僕らに投げ掛けたメッセージが、「失敗は人生の踊り場だ。その踊り場で人生の背負い方を考えよう。」と。その強くて優しい言葉は未だにそのシチュエーションとともに覚えている。

2年前、知事選に落ちて、佐賀ショックとか何とか言われて、まあ、僕のほうがショックだったけどね(苦笑)、それはそれとして、敗北は敗北。是非も無く、これからどうやって人生を背負おうかと思っていた時にやっぱり思い出したのは、その田原総一朗の言葉。

知事選敗北をマイナスと捉えるのではなく、プラスと捉えるためにどうすれば良いか。今まで、できなかったことをやろうと。これからの将来を、節目、踊り場と捉えて、全国津々浦々伺おうと。ラッキーだったのは、全国から講演の依頼が殺到したこと。今、Googleに入れている日程を「講演」で検索したら、この2年で200回。市長時代からカウントすると都道府県全部行っているはず。

それで、市民の皆さんから、悩みや苦しみ、悲しみ、そして喜びをダイレクトに伺うことができたんだけど、最大の気付きは、前にも書いた「ラストワンマイル」の必要性。これは確信しているんだけど、日本は中小企業、地方に本当にスゴいコンテンツがある。しかし、誰もがずっと指摘しているように、それが活かされていない。

だから、地方は所得が低い、地方に活気が生まれないということにつながるんだけど、このラストワンマイルを私が担うことで、皆さんや市場につなげることによって、雇用や所得を生む、という流れにしたいと思っています。

その第一弾は、セキュリティー。我々がやろうとするセキュリティーは、まだ詳しくは書けませんが、「盗まれても大丈夫」というもの。今まで、盗まれないように汲々していたのが、発想の転換というかコロンブスのタマゴの発想で、「盗まれても大丈夫」。

一方で、セキュリティーが何で、雇用や所得を生むのって思われるかもしれませんが、超安価で全国津々浦々入れていくに当たって、皆さんもぜひ代理店(代理人)になって頂き、御協力をお願いしたく。

その上で、ユーザーのご意見をどんどんお寄せ頂き、さらに改良に改良をつなげていきたいと考えています。ちなみに大手放送局にこのセキュリティーが採用されていますが、採用されてから1年間全く問題は生じていません。そして、今月から、ある政令指定都市で、実証実験を開始します。この結果も遅くても3月には公表します。

第二弾は、春頃にお話します。お楽しみに。では、重ねて本年もご愛顧の程を。

img_1931-1024x683

 

(適宜編集しています。)

まぐまぐ!「樋渡啓祐の地方創生ここだけの話」メルマガ好評配信中!!

今すぐ下記アドレスをクリックして最新の「知見」をゲットして下さい。

http://www.mag2.com/m/0001649063.html

このエントリーをはてなブックマークに追加

メールマガジンの紹介

樋渡社中に集う皆さんの交流のためのツールとして、
「樋渡啓祐の地方創生ここだけの話」という
メルマガを創刊しました。
大好きな地方活性化の今までの取組やこれからの話など、
ここだけでしか書けない話をどんどん発信していきます。
様々な同士の方にも参加いただき、地方創生に興味ある方に
役立つ情報を届けていきます。
メルマガ会員限定の少人数講演会なども
積極的にやりたいと考えています。
是非皆さんも樋渡社中にご参加ください。