小松市長と車座講演会

今晩、山内町で車座報告会。僕が市長だったときに、しょっちゅう、開催して頂きました。いわば、僕の親衛隊。ちょうど、10年前、志を立てて市長選に臨んだときから、首尾一貫して応援して頂きました。その場所で0-11 0-3 0-5 0-4 0-9 0-10 0-6 0-8 0-7 16.01.20_007、小松政市長とともに、市政報告会。

 

 

 

 

市長とはよく連絡をとりあっているんですが(武雄市の地方創生アドバイザーにもなっていますので)、まとまった話をお聴きするのは久しぶり。言っちゃあ、何ですが、滅茶苦茶上手い、というか上手くなっている。特に、市長が中心に進めている神村学園誘致の話はインパクト大あり。質疑応答も神村学園に集中。

僕は、政治の原点は、特に地方政治の場合は、こういった寒いときはストーブを囲んで、蜜柑でも食べながら、膝と膝をつき合わせた座談会が一番だと思っています。

自分で言うのも何ですが、市長という仕事は、体力・気力・迫力が無いとできない稼業です。そういう意味で、39歳のこれから脂の乗りきる人物を武雄市民が選んでくれたことを感謝したいと思うし、僕は、小松政という人間を総務省から引き離し、武雄市に連れ込んだ人間として、また、僕の跡を継いでくれた人間として、心から応援していきたいと改めて思った次第です。

山内町民の皆さんと本当に幸せなひとときを過ごしました。ありがとうございました。感謝します。

このエントリーをはてなブックマークに追加

メールマガジンの紹介

樋渡社中に集う皆さんの交流のためのツールとして、
「樋渡啓祐の地方創生ここだけの話」という
メルマガを創刊しました。
大好きな地方活性化の今までの取組やこれからの話など、
ここだけでしか書けない話をどんどん発信していきます。
様々な同士の方にも参加いただき、地方創生に興味ある方に
役立つ情報を届けていきます。
メルマガ会員限定の少人数講演会なども
積極的にやりたいと考えています。
是非皆さんも樋渡社中にご参加ください。