山形県南陽市役所で講演しました

昨日の自治体スマホ連絡協議会、そして、下仁田町との「スマホ全戸配布」会見はインパクト大で、日経新聞、上毛新聞、佐賀新聞やネットニュースに掲載され、早速、いくつかの首長さんからは、問い合わせを頂いています。現在、61自治体に協議会参加を頂いていますが、近い将来100くらいになればいいなって思っています。

朝、東京ランニング。9キロ。そして、東京駅から東北新幹線で赤湯へ。びっくりしたのは、新幹線のホームのスタンドに、上毛新聞が5部ほど日経の真下に。一面トップに、どかんと掲載されていました。

2時間強かな、新幹線に乗って、プレゼン資料作りながら、音楽聴きながら、快適空間。赤湯駅では、職員さんお二人が迎えに。既に車の中で大盛り上がり。

白岩市長さんと久しぶりにお会いして(電話はよくしているんですが)、やっぱり、この市長さん、面白い。「龍上海」という超有名ラーメン店にご案内して頂いたのですが、めちゃくちゃ美味い。これを食べるだけに南陽市に行く価値があるくらい美味い。

そして、メインの講演へ。今日は市役所の職員さん、議員さん、市民の皆さんという構成。自分の失敗例を交えて、武雄市長時代の職員への接し方、議員と職員との違いなどをお話ししましたが、熱心に聞いてくださったようで何より。私は、南陽市のみらい戦略アドバイザーなんです。

それにしても、今日の講演の準備、送迎、また、地方戦略などの意見交換など、私のあらゆる窓口になってくださっているみらい戦略課の鈴木さんには本当にお世話になりました。丁々発止、よく動いてくださいました。

雰囲気の明るい市役所には、こうやって笑いの絶えない、やる気溢れる、鈴木さんのような公務員がいます。こんな人たちと友達になるのがまた楽しい。明日は、福島県ICT協議会で、福島県内の市町村の職員さんたちに講演します。その講演が終わったら、武雄に戻ります。19470508-51f6-42c2-8e0a-92b280ba50be fd1ec313-cfff-461d-b99f-21e2c7c9260f 2e8422e5-2e4e-458e-8511-56bf662774c5

このエントリーをはてなブックマークに追加

メールマガジンの紹介

樋渡社中に集う皆さんの交流のためのツールとして、
「樋渡啓祐の地方創生ここだけの話」という
メルマガを創刊しました。
大好きな地方活性化の今までの取組やこれからの話など、
ここだけでしか書けない話をどんどん発信していきます。
様々な同士の方にも参加いただき、地方創生に興味ある方に
役立つ情報を届けていきます。
メルマガ会員限定の少人数講演会なども
積極的にやりたいと考えています。
是非皆さんも樋渡社中にご参加ください。