どんどんつながっていく

「つなげる」「つながる」という言葉は、大震災後から頻繁に使われ、ちょっと、個人的には陳腐化してるなって思ってたんですが、やっぱり、この言葉しかないんだよね、ある現象を語るには。

Facebookを見ると、僕を直接的・間接的に介して、いろんな人がつなげていったようです。久保田崇前陸前高田副市長は、

おばんでございます。樋渡啓祐先輩。前・武雄市長にして、樋渡社中(株)Founder&CEO。私の人生を大きく変えたこの方のことは、陸前高田を去る前にぜひ書かなくてはなりません。

出会いは15年前の官庁訪問に遡ります。既に環境省から内定を頂いていた私が訪れた内閣府で待っていたのが、当時係長であった樋渡さん。

先日の樋渡さんの投稿では、「1000人の中で唯一、彼(久保田)だけを官房人事課長に推挙した」との過分なお言葉を頂きましたが、衝撃だったのは私のほうで、お堅いイメージだった公務員の中で、こんなに独創的で自由で、行動力がある人に出会ったことに驚き、内閣府への就職を決意します。

その後、樋渡さんは内閣府を辞められて市長となられていましたが、大きく私の人生が動いたのは東日本大震災。5月の段階で、樋渡さんから「久保田さん、陸前高田に行かないか。僕は戸羽市長に副市長として久保田さんを推薦するつもりだ」と告げられました。一晩、眠れぬ夜を過ごしましたが、「運を天に任せ、こ の身は樋渡市長にお預けします。」と答えていました。

実際に、副市長の人事権者である戸羽市長からもリクエストがあり、4年前の夏、陸前高田に赴任しました。

こちらでの仕事は楽しいことばかりではありませんでしたが、非常にやりがいがあり、こちらに来たことを一度も後悔したことはありません。

きっかけを作ってくれた樋渡さんには、本当に感謝しています。

その樋渡さんが、実は明日、陸前高田市にお越しになります!
大船渡市・陸前高田市・住田町の2市1町の議会の招待によりご講演いただくことになりました。

仲介した私も、同席をさせていただきます。ひょっとしたら、不肖の後輩である私とのお別れ対談もあるかもしれません!

明日は忙しくなりそうなので、今夜のうちに投稿しておきます。写真は2011年5月26日に樋渡市長と内閣府の私が陸前高田を訪れたときのものです。

それではおやすみなさい。明日もよろしくお願いします!!11813288_10153521594471419_611457963722830102_n

そして、変態同盟のヒミさん。人気ドラマ「ナポレオンの村」の主人公のモデルである高野さんと会っているではないか。宇宙人同士、気が合うようです(笑)。そのヒミさんと高野さんをつなげたのも僕みたい。間違い無く合う!と思ってお二人を武雄市に呼びました。ヒミさんはこんなことを書いてくれています。

【〜ナポレオンの村〜】

昨日は、テレビで放映中の人気ドラマ『ナポレオンの村』の主人公のモデルであるスーパー公務員の高野さんに会いに行って来たっちゃんね。

実は高野さんとは3年前ぐらいに武雄市の樋渡 啓祐前市長のご紹介で一緒に講演をさせて頂いたことがある仲とよ。

しかし高野さん、相変わらず話しがぶっ飛んでいて気持ちがいいです!

そして同じ匂い(臭い?)を感じました!(笑)

宇宙の視点からの話しが普通にできるのがホント嬉しかったです!11228029_10203064179403679_6427567034353071950_n-1 11831768_10203064179923692_5230606552809143922_n

魅力的な人たちが魅力的な人たちと会って、化学反応を起こし、これが、地方や地域に爆発的に波及していく。これまでも、これからもその役の一端を担っていきます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

メールマガジンの紹介

樋渡社中に集う皆さんの交流のためのツールとして、
「樋渡啓祐の地方創生ここだけの話」という
メルマガを創刊しました。
大好きな地方活性化の今までの取組やこれからの話など、
ここだけでしか書けない話をどんどん発信していきます。
様々な同士の方にも参加いただき、地方創生に興味ある方に
役立つ情報を届けていきます。
メルマガ会員限定の少人数講演会なども
積極的にやりたいと考えています。
是非皆さんも樋渡社中にご参加ください。